I.講演

  1. 千葉厚郎,内堀歩:免疫沈降アッセイ系による抗synapsin 1a抗体の検討.第56回日本神経学会学術大会,新潟,2015年5月20日−23日.
  2. 大石知瑞子,園生雅弘,時村文秋,花北順哉,篠江隆,千葉厚郎:感覚障害を欠くが、下肢体性感覚誘発電位(SEP)から腰部に局在診断できた3症例.第56回日本神経学会総会,新潟,2015年5月 20日-23日.
  3. 宮崎泰,永井健太郎,栗田瑛里子,綾野水樹,中島昌典,田中雅貴,小川有紀,内堀歩,大石知瑞子,市川弥生子,千葉厚郎:パーキンソン病・Lewy小体型認知症における脳血流SPECTの検討.第56回日本神経学会総会,新潟,2015年5月 20日-23日.
  4. 内堀歩,千葉厚郎:Guillain-Barré症候群における糖脂質複合による抗原抗体反応増強機序に関する検討.第56回日本神経学会総会,新潟,2015年5月 20日-23日.
  5. 栗田瑛里子,田中雅貴,市川弥生子,中島昌典,大石知瑞子,千葉厚郎:L-dopaがパーキンソン症状に有効であったFahr病の64歳女性例.第213回日本神経学会総会,東京,2015年6月6日.
  6. 中島昌典,岡野晴子,傳法倫久,平野照之,千葉厚郎,遠藤英仁,窪田博,磯村杏那,下山田博明:大動脈原性脳塞栓症を発症し、上行大動脈置換術を施行した80歳男性例.第2回日本心血管脳卒中学会学術集会,徳島,2015年6月12日−13日.
  7. 中島昌典,田中雅貴,栗田瑛里子,市川弥生子,千葉厚郎:低ナトリウム血症補正による浸透圧性脱髄症候群(osmotic demyelination syndrome:ODS)が考えられた52歳男性例.第59回三鷹ニューロ研究会,東京,2015年7月2日.
  8. 吉田悠貴, 田中雅貴, 栗田瑛里子, 中島昌典, 市川弥生子, 内堀歩, 千葉厚郎約1ヵ月の経過で神経症状が回復したNMDA受容体抗体陽性脳炎の46歳女性例.第214回日本神経学会総会,東京,2015年9月5日.
  9. 千葉厚郎:教育講演I,抗体検出法2-(2),2次元電気泳動法.第27回日本神経学会学術大会,岐阜,2015年9月15日-16日.
  10. 内堀歩, 千葉厚郎TPI抗体陽性小脳性運動失調症の臨床像の検討.第27回日本神経免疫学会学術集会,岐阜,2015年9月15日-16日.
  11. 千葉厚郎岡田和将, 内堀 歩IgG synapsin 1a抗体の臨床的検討.第27回日本神経免疫学会学術集会,岐阜,2015年9月15日-16日.
  12. 大石知瑞子,園生雅弘,千葉厚郎:下肢末梢神経伝導検査における所謂「50%ルール」の妥当性について.第26回日本末梢神経学会学術集会,長野,2015年9月18日-19日.
  13. 宮地洋輔,大石知瑞子,神谷久雄,畑中裕己,田中章景,園生雅弘:手根管症候群の種々の電気診断手技の感度特異度の比較:偽陽性例の適切な扱いを含めて.第26回日本末梢神経学会学術集会,長野,2015年9月18日-19日.
  14. 千葉厚郎:1症例から始める新規自己抗体の探索.神奈川神経免疫疾患学術講演会,相模大野,2015年10月6日.
  15. Oishi C, Sonoo M, Yamada K, Tokimura F, Hanakita J, Chiba A: TIBIAL NERVE SOMATOSENSORY EVOKED POTENTIALS (SEPS) LOCALIZED LUMBAR LESIONS IN 3 PATIENTS LACKING SENSORY SYMPTOMS OR SIGNS.American Association of Neuromuscular and Electrodiagnostic Medicine 62th Annual Meeting, USA, October 28th−31st, 2015.
  16. Miyaji Y, Oishi C, Kamiya H, Hatanaka Y, Tanaka F, Sonoo M: PROPER TREATMENT OF “FALSE–POSITIVE” CASES IN COMPARING THE DIAGNOSTIC YIELDS OF VARIOUS NERVE CONDUCTION TECHNIQUES TO DIAGNOSE CARPAL TUNNEL SYNDROME. American Association of Neuromuscular and Electrodiagnostic Medicine 62th Annual Meeting, USA, October 28th−31st, 2015.
  17. 大石知瑞子,園生雅弘,山田和明,時村文秋,花北順哉,千葉厚郎:感覚障害を欠くが、下肢体性感覚誘発電位(SEP)から腰部に局在診断できた3症例.第45回日本臨床神経生理学会・学術集会, 大阪, 2015年11月5日-7日.
  18. 宮地洋輔,大石知瑞子,神谷久雄,畑中裕己,小林正人,田中章景,園生雅弘:手根管症候群の種々の電気診断手技の感度特異度の比較:偽陽性例の適切な扱いを含めて.第45回日本臨床神経生理学会・学術集会, 大阪, 2015年11月5日-7日.
  19. 溝井令一,宮地洋輔,大石知瑞子,神谷久雄,畑中裕己,園生雅弘:無症候性種根管症候群(CTS)についての検討.第45回日本臨床神経生理学会・学術集会, 大阪, 2015年11月5日-7日.
  20. 千葉厚郎:特別講演,自己抗体による外眼筋麻痺:抗GQ1b抗体とFisher症候群.第53回日本神経眼科学会総会,大宮,2015年11月6日.
  21. 千葉厚郎:一臨床症例から始める新規自己抗体の探索.武蔵野フォーラム2,東京,2015年11月21日.
  22. 上月直樹,栗田瑛里子,中島昌典,田中雅貴,内堀歩,市川弥生子,宮崎泰,千葉厚郎:抗TPI抗体陽性急性小脳性運動失調症の46歳男性例.第44回杏林医学会総会,東京,2015年11月21日.
  23. 宮内弘子,植地貴弘,平澤愛,坂入佐知子,菊地真祈,畑典孝,新井舞,佐野勇貴,得津敬之,小林敬明,大石知瑞子,柴田茂貴,松田剛明:当院救急外来を受診した一過性意識障害患者の特徴と背景(高プロラクチン血症とてんかんの関係).第44回杏林医学会総会,東京,2015年11月21日.
  24. 大津晃康,綾野水樹,田中雅貴,内堀歩,大石知瑞子,市川弥生子,海田賢一,千葉厚郎:CIDPの診断でIVIg加療後も中枢伝導遅延が進行した抗Neurofascin 155抗体陽性の19歳男性例.第215回日本神経学会総会,東京,2015年12月5日.
  25. 大井長和, 林 紗葵, 市川弥生子, 辻 省次:Autosomal recessive spastic ataxia of Charlevoix-Saguenay (ARSACS)の一症例. 第208回日本神経学会九州地方会, 沖縄, 2014年12月20日.
  26. 中島昌典,岡野晴子,栗田瑛里子,平野照之,千葉厚郎,塩川芳昭:意識障害のエピソードを契機にCerebral amyloid angiopathy (CAA) と診断された83歳女性例.第39回日本脳神経CI学会総会,東京,2016年1月29日−30日.
  27. 城野喬史, 綾野水樹, 岡野晴子, 平野照之, 千葉厚郎, 塩川芳昭:Hybrid of Opposite-Contrast MRAにて責任血管の同定を試みた脳卒中の2症例,第39回日本脳神経CI学会総会,東京,2016年1月29日−30日.
  28. 澁谷裕彦,永井健太郎,内堀歩,市川弥生子,千葉厚郎:抗CRMP-5抗体が陽性であったParaneoplastic choreaの93歳女性例.第216回日本神経学会総会,東京,2016年3月5日
  29. 中島昌典,栗田瑛里子,綾野水樹,田中雅貴,内堀歩,市川弥生子,千葉厚郎:妊娠初期に広範な大脳白質病変を呈した43歳女性例.第61回三鷹ニューロ研究会,東京,2016年3月10日.
  30. 永井健太郎,岡野晴子,海野佳子,千葉厚郎,平野照之:LSA領域に脳梗塞を認めた片頭痛性脳梗塞の1例.首都圏脳卒中フォーラム,東京,2016年3月18日.

II.論文

  1. 千葉知宏,宍戸-原 由紀子,木戸直樹,千葉厚郎,菅間 博:発症8年目のMIBG心筋シンチで集積低下が乏しかったParkinson病の一剖検例.病理と臨床 33: 763-770, 2015.
  2. 千葉厚郎:慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー.Medical Practice 32: 1027-1031, 2015.
  3. 千葉厚郎:Guillain-Barré症候群の診断.医学のあゆみ 255: 407-412, 2015.
  4. 内堀歩,千葉厚郎:ギラン・バレー症候群の自己抗体.BRAIN and NERVE 神経研究の進歩 67: 1347-1357, 2015.
  5. Mitsui J, Matsukawa T, Sasaki H, Yabe I, Matsushima M, Dürr A, Brice A, Takashima H, Kikuchi A, Aoki M, Ishiura H, Yasuda T, Date H, Ahsan B, Iwata A, Goto J, Ichikawa Y, Nakahara Y, Momose Y, Takahashi Y, Hara K, Kakita A, Yamada M, Takahashi H, Onodera O, Nishizawa M, Watanabe H, Ito M, Sobue G, Ishikawa K, Mizusawa H, Kanai K, Hattori T, Kuwabara S, Arai K, Koyano S, Kuroiwa Y, Hasegawa K, Yuasa T, Yasui K, Nakashima K, Ito H, Izumi Y, Kaji R, Kato T, Kusunoki S, Osaki Y, Horiuchi M, Kondo T, Murayama S, Hattori N, Yamamoto M, Murata M, Satake W, Toda T, Filla A, Klockgether T, Wüllner U, Nicholson G, Gilman S, Tanner CM, Kukull WA, Stern MB, Lee VM, Trojanowski JQ, Masliah E, Low PA, Sandroni P, Ozelius LJ, Foroud T, Tsuji S:Variants associated with Gaucher disease in multiple system atrophy. Ann Clin Transl Neurol 2(4):417-26, 2015.
  6. Mano KK, Matsukawa T, Mitsui J, Ishiura H, Tokushige S, Takahashi Y, Sato NS, Nakamoto FK, Ichikawa Y, Nagashima Y, Terao Y, Shimizu J, Hamada M, Uesaka Y, Oyama G, Ogawa G, Yoshimura J, Doi K, Morishita S, Tsuji S, Goto J. Atypical parkinsonism caused by Pro105Leu mutation of prion protein: A broad clinical spectrum. Neurol Genet. 2(1):e48, 2016.
  7. Chiba T1, Konoeda F2, Higashihara M3, Kamiya H1, Oishi C, Hatanaka Y1, Sonoo M1 (1Teikyo University School of Medicine, 2Tokyo Saiseikai Central Hospital, 3Tokyo Metropolitan Geriatric Hospital): C8 and T1 innervation of forearm muscles. Clin Neurophysiol 126(4): 837−842. 2015.

III. 著書

  1. 千葉厚郎:神経筋疾患の経静脈的免疫グロブリン(IVIg)療法.今日の治療指針2016.福井次矢,高木誠,小室一成総編集.東京,医学書院,2016. p.913−914.
  2. 千葉厚郎:Guillain-Barré症候群の検査・診断・鑑別診断.日本臨床増刊号「免疫性神経疾患」,大阪,日本臨床社,2015.p.374-379.
  3. 内堀歩,千葉厚郎:免疫性神経疾患と免疫系 免疫性神経疾患と液性免疫.日本臨床増刊号「免疫性神経疾患」,大阪,日本臨床社,2015.p.42-49.
  4. 千葉厚郎:抗MAG抗体陽性ニューロパチー.別冊日本臨床.新領域別症候群 免疫症候群 (第2版),大阪,日本臨床社,2015.p.60−64.
  5. 千葉厚郎:慢性脱髄性多発根ニューロパチー.免疫性神経疾患:病態と治療のすべて.辻省次総編集,吉良潤一専門編集.東京,中山書店,2016. p.309−314.
  6. 千葉厚郎:多巣性運動ニューロパチー.免疫性神経疾患:病態と治療のすべて.辻省次総編集,吉良潤一専門編集.東京,中山書店,2016. p.315−318.

IV.その他

  1. 市川弥生子. 脊髄小脳変性症と遺伝. 全国脊髄小脳変性症・多系統萎縮症(SCD・MSA)友の会ニュース216号, p12-17 (2015), 2015年8月21日発行