I.講演

  1. 岡野晴子,中島昌典,阿部光世,鈴木亜希子,鈴木理恵子,鳥居正剛,笹森寛生,千葉厚郎,塩川芳昭,平野照之:急性期脳卒中患者における弾性ストッキングの深部静脈血栓予防効果.第41回日本脳卒中学会総会,札幌,2016年4月14日.
  2. 綾野水樹,蛯沢志織城野喬史中西郁鈴木理恵子千葉厚郎塩川芳昭平野照之:入院中に発症した脳梗塞症例に関する検討.第41回日本脳卒中学会総会,札幌,2016年4月14日.
  3. 中島昌典,岡野晴子,笹森寛生,鳥居正剛,鈴木理恵子,海野佳子,平野照之,千葉厚郎,塩川芳昭:経口抗凝固療法実施例におけるアピキサバン選択の傾向.第41回日本脳卒中学会総会,札幌 2016年4月14日
  4. 永井健太郎,岡野晴子,海野佳子,平野照之:左LSA領域に脳梗塞を発症した片頭痛性脳梗塞の1例.多摩頭痛フォーラム,立川,2016年5月31日.
  5. 内堀 歩,千葉厚郎:眼球運動障害を伴うGuillain-Barré 症候群・Fisher症候群・Bickerstaff型脳幹脳炎における糖脂質抗体の検討 —抗GQ1b抗体陰性例を中心に−.第57回日本神経学会学術大会,神戸,2016年5月18-21日.
  6. 大石知瑞子,園生雅弘,千葉厚郎: 下肢末梢神経伝導検査における振幅左右差(第2報):年齢層別検討からの原因の推測.第57回日本神経学会総会,神戸,2016年5月18-21日.
  7. 園生 雅弘,北國 圭一,大石知瑞子:教育コース 27(専門医育成)神経筋解剖:臨床症候(特に筋力低下分布と感覚障害範囲)と、電気生理学的所見からの局在診断.第57回日本神経学会総会,神戸,2016年5月18-21日.
  8. 栗田瑛里子, 中島昌典, 内堀歩, 田港朝也, 大石知瑞子, 市川弥生子, 千葉厚郎: 進行性の球麻痺・橋の巨大石灰化を伴う脳幹萎縮があり入眠により喉頭軟化所見を呈した69歳男性例. 第217回日本神経学会関東・甲信越地方会, 東京, 2016年6月4日
  9. Ayumi Uchibori, Atsuko Gyohda, Atsuro Chiba: Ca2+-dependent anti-GQ1b antibody in GQ1b-seronegative Fisher syndrome and related disorders. Inflammatory Neuropathy Consortium of the Peripheral Nerve Society 2016,Glasgow, June 23rd, 2016.
  10. 内堀 歩,行田敦子,千葉厚郎:GQ1b抗体陰性Fisher症候群にはCa2+依存性GQ1b抗体が高率に検出される.第27回日本末梢神経学会学術集会,大阪,2016年8月27-28日.
  11. 大石知瑞子,宮地洋輔,神林隆道,千葉厚郎,園生雅弘:正中神経逆行性感覚神経伝導検査におけるpitfall:手掌部での部分刺激.第27回日本末梢神経学会学術集会,大阪,2016年8月 27-28日.
  12. 宮地洋輔,大石知瑞子,神谷久雄,田中章景,園生雅弘:長時間のホルン演奏後に痛みを伴う麻痺を発症したが、2年前の外傷による手首部尺骨神経損傷とfunctional overlayと診断した14歳女性例.第27回日本末梢神経学会学術集会,大阪,2016年8月 27-28日.
  13. 溝井令一,宮地洋輔,大石知瑞子,神谷久雄,畑中裕己,園生雅弘:手根管症候群の電気生理的偽陽性例についての検討.第27回日本末梢神経学会学術集会,大阪,2016年8月 27-28日.
  14. 澁谷裕彦, 綾野水樹, 田中雅貴, 内堀歩, 大石知瑞子, 宮崎泰, 市川弥生子, 千葉厚郎: 頸部筋力低下および球麻痺で発症し、アセチルコリン受容体抗体陽性、糖脂質抗体陰性のGuillain-Barré症候群症候群の37歳男性例. 第218回日本神経学会関東・甲信越地方会, 東京, 2016年9月3日.
  15. Oishi C,Miyaji Y, Kanbayashi k, Chiba A, Sonoo M : A pitfall of the antidromic SCS of the median nerve: partial stimulation at the palm. American Association of Neuromuscular and Electrodiagnostic Medicine 63th Annual Meeting. USA, September 14th-17th. 2016.
  16. 内堀 歩,行田敦子,千葉厚郎:GQ1b抗体陰性Fisher症候群にはCa2+依存性GQ1b抗体が高率に検出される.第28回日本神経免疫学会学術集会,長崎,2016年9月30日.
  17. 大石知瑞子,園生雅弘,東原真奈,千葉厚郎:下肢末梢神経伝導検査における「50%ルール」の妥当性について.第46回 日本臨床神経生理学会・学術集会, 福島, 2016年10月27-29日.
  18. 小野秀子,東原真奈,桜山千恵子,大石知瑞子,村山繁雄,時村文秋,園生雅弘:下位腕神経叢障害を示唆する神経伝導検査所見のパターンについての検討~ルーチンNCSから、下位腕神経叢障害を見出すための試み~.第46回 日本臨床神経生理学会・学術集会, 福島, 2016年10月27-29日.
  19. 伊藤洋人,原田祐三子,小林 麗,岡田 久,奥田 聡,畑中裕己,内堀 歩,千葉厚郎:Guillain-Barre/Fisher症候群の再発後にBicherstaff型脳幹脳炎を発症した1例.146回日本神経学会東海北陸地方会,石川,2016年10月29日.
  20. 伊藤 大,澁谷裕彦,綾野水樹, 田中雅貴,内堀 歩,市川弥生子,千葉厚郎:アルコール多飲と偏食からペラグラをきたした66歳 男性例.第 45 回 杏林医学会総会,三鷹,2016年11月19日.
  21. 千葉厚郎:カンピロバクター腸炎とギラン・バレー症候群.第9回日本カンピロバクター研究会総会,三鷹,2016年11月26日.
  22. 千葉厚郎,内堀 歩,行田敦子:GQ1b抗体陰性Fisher症候群にはCa2+依存性GQ1b抗体が高率に検出される.平成28年度神経免疫疾患政策・実用化研究班 合同班会議,東京,2017年1月19日.
  23. 千葉厚郎,内堀 歩,行田敦子:GQ1b抗体陰性 Fisher症候群関連病態の血清学的検討.第10回多摩神経免疫研究会,立川,2017年2月2日.
  24. 澁谷裕彦,永井健太郎,田中雅貴,内堀 歩,大石知瑞子,宮崎 泰, 市川弥生子,千葉厚郎, 中島一郎:痙攣発作で発症し、右耳側半盲視神経炎、腰仙部多発神経根炎が続発した抗MOG抗体陽性26歳男性例.第220回日本神経学会関東・甲信越地方会, 東京, 2016年3月4日.
  25. 中島昌典,岡野晴子,鳥居正剛,河野浩之,天野達雄,鈴木理恵子,海野佳子,千葉厚郎,塩川芳昭,平野照之:経口抗凝固療法実施例における当センターの傾向.第42回日本脳卒中学会総会,大阪,2017年3月17日.
  26. 綾野水樹,蛯沢志織,川井田善太郎,河野浩之,岡野晴子,鳥居正剛,千葉厚郎,塩川芳昭,平野照之:他科入院中に発症した虚血性脳血管障害症例の特徴.第42回日本脳卒中学会総会,大阪,2017年3月17日.

II.論文

  1. Kadoya A, Ogawa G, Kawakami S, Yokota I, Hatanaka Y, Uchibori A, Chiba A, Sonoo M. The correlation between the change of distal motor latency of the median nerve and the abundant A-waves in Guillain-Barré syndrome. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 87(4): 444-446, 2016.
  2. Hida A, Yamashita T, Hosono Y, Inoue M, Kaida K, Kadoya M, Miwa Y, Yajima N, Maezawa R, Arai S, Kurasawa K, Ito K, Shimada H, Iwanami T, Sonoo M, Hatanaka Y, Murayama S, Uchibori A, Chiba A, Aizawa H, Momoo T, Nakae Y, Sakurai Y, Shiio Y, Hashida H, Yoshizawa T, Sakiyama Y, Oda A, Inoue K, Takeuchi S, Iwata NK, Date H, Masuda N, Mikata T, Motoyoshi Y, Uesaka Y, Maeda MH, Nakashima R, Tsuji S, Kwak S, Mimori T, Shimizu J. Anti-TIF1-γ antibody and cancer-associated myositis: A clinicohistopathologic study. Neurology. 87: 299-308, 2016.
  3. Uchibori A, Gyohda A, Chiba A. Ca(2+)-dependent anti-GQ1b antibody in GQ1b-seronegative Fisher syndrome and related disorders. J Neuroimmunol. 298: 172-177, 2016.
  4. Kadoya M, Hida A, Hashimoto Maeda M, Taira K, Ikenaga C, Uchio N, Kubota A, Kaida K, Miwa Y, Kurasawa K, Shimada H, Sonoo M, Chiba A, Shiio Y, Uesaka Y, Sakurai Y, Izumi T, Inoue M, Kwak S, Tsuji S, Shimizu J. Cancer association as a risk factor for anti-HMGCR antibody-positive myopathy. Neurol Neuroimmunol Neuroinflamm. 3: e290, 2016.
  5. Kadoya M, Kaida K, Koike H, Takazaki H, Ogata H, Moriguchi K, Shimizu J, Nagata E, Takizawa S, Chiba A, Yamasaki R, Kira JI, Sobue G, Ikewaki K. IgG4 anti-neurofascin155 antibodies in chronic inflammatory demyelinating polyradiculoneuropathy: Clinical significance and diagnostic utility of a conventional assay. J Neuroimmunol. 301: 16-22, 2016.
  6. Mari Yamagami, Yasuhisa Sakurai, Kensuke Hamada, Izumi Sugimoto, Yuki Hatanaka, Ayumi Uchibori, Atsuro Chiba. Unilateral hypoglossal nerve palsy with asymmetric facial and limb paresis in axonal Guillain–Barré syndrome. Neurol Clin Neurosci 4: 25-27, 2016.
  7. 中島昌典,岡野晴子,傳法倫久,平野照之,千葉厚郎,遠藤英仁,窪田博,磯村杏耶,下山田博明,大倉康男,塩川芳昭:大動脈原性脳塞栓症を発症し,上行大動脈置換術を施行した80歳男性例.脳卒中39: 129-134, 2017
  8. 渡辺敏樹,気賀沢一輝,宮崎泰,平形明人:視神経萎縮で発見された神経梅毒の一症例.神経眼科33(4):385-391,2016.
  9. 市川 弥生子, 辻 省次(東京大):遺伝性脊髄小脳変性症の早期診断. 神経内科 86:44-51, 2017.
  10. 市川弥生子:ハンチントン病について. 難病と在宅ケア 22:40-43, 2017

 

III. 著書

  1. 田中雅貴,千葉厚郎:糖尿病性神経障害.EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針(第4版).田村晃,松谷雅生,清水輝夫,辻貞俊,塩川芳昭,成田善孝編集.東京,メジカルビュー社, p.577−578.
  2. 千葉厚郎:電解質浸透圧異常.EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針(第4版).田村晃,松谷雅生,清水輝夫,辻貞俊,塩川芳昭,成田善孝編集.東京,メジカルビュー社, p.615−619.
  3. Chiba A. Fisher Syndrome. In: Neuroimmunological Diseases. Kusunoki S, ed. Springer, 2016, p. 187-202.
  4. Chiba A. Miller Fisher Syndrome. In: GBS100 Cerebrating a Century of Progress in Guillain-Barré syndrome. Willisin HJ, Goodfellow JA, ed. Peripheral Nerve Society, 2016, p. 109-119.
  5. 千葉厚郎:慢性先勝性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP).今日の治療指針 福井次矢,高木 誠,小室一誠総編集.東京,医学書院,2017. p.940-941.
  6. 市川弥生子: 神経疾患の遺伝相談. EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針(第4版). 田村 晃, 松谷雅生, 清水輝夫, 辻 貞俊, 塩川芳昭, 成田善孝編. 東京, メジカルビュー社, 2016. p. 786-790

 

Ⅴ.その他

  1. 市川弥生子: ハンチントン病医療相談会. 神経内科専門医および臨床遺伝専門医として個別医療相談. 東京都難病相談・支援センター(渋谷区), 2016年6月19日.
  2. 岡野晴子:2016年度 EDUCATE-ESUS研究第1回全体会議塞栓原不明脳梗塞患者における7日間連続心電図記録器を用いた発作性心房細動検出の有用性に関する多施設共同観察研究.品川,2016年6月17日.
  3. 宮崎泰:「健康知りたい話」〈パーキンソン病で生じる症状と最近の治療について〉東京,ラジオ日本,平成28年7月11-15日.